グルメ

トリ」・「ウミ」・「メン」といった様々な料理が味わえる地域です。

「トリ」

 日本一の鶏肉消費量を誇る大分県。この地域では、からあげ専門店の発祥である宇佐市、からあげの聖地である中津市のほか、とり天発祥である別府市があり、からあげ、とり天などの美味しい鶏料理が味わえます。

とり天
とり天
 「とり天」は別府や大分地域では、どこでもあるメジャーなメニュー。
その発祥は昭和のはじめ、別府市の東洋軒というレストランです。「とり天」の言葉の起こりは、とり天発祥の店「東洋軒」での、ホールと厨房間の注文の際の言葉として生まれたと言われています。
 実際にまちに出てとり天を食べ歩くと、多種多様なとり天に遭遇します。発祥の台湾中華系のとり天から、和風な天ぷらに近いとり天、はたまた西洋料理系の とり天、そして創作系などなど。見た目でも、「白系」「黄色系」「茶色系」に区別できますし、付けダレやカラシの有無、カボスが添えられているかなど、食 べる前から違いを楽しむことも出来ます。
からあげ
からあげ
 宇佐市は「からあげ専門店発祥の地」。そして中津市は「からあげの聖地」と呼ばれています。この地域にはからあげ専門店が数多くあり、からあげ専門店各店では、下味のつけ方、衣となる粉、油、揚げ方、提供方法などを工夫し、各店で違う味をつくりだしています。
現在は醤油や塩をベースにニンニク・ショウガなど十数種類の調味料を使ったタレでしっかりと下味をつけ、注文を受けてから調理し、揚げたてを提供している店舗が多く、それぞれこだわりの味付けで冷めてもおいしく食べられるように様々な工夫をしています。

 豊後高田市田染蕗地区で飼育されている特産品「ぶんご合鴨」。鴨特有のコクと、旨みがあり、歯ごたえも良く、同じく特産品の白ねぎを使った「合鴨鍋」、「合鴨の水炊き」など多彩に楽しめます。ぶんご合鴨を利用した商品も販売しています。

「ウミ」

この地域は周防灘、伊予灘、別府湾に囲まれ、ハモ、ガザミ、豊後別府湾ちりめん、くにさき銀たち、くにさき姫だこ、姫島車えび、姫島かれい、城下かれいといった豊富な海の幸を使った様々な料理が味わえます。

鱧
 大分県中津市の特産「鱧(はも)」。高級魚としても知られ、全長1~2メートル程度の細長い姿で鋭い歯を持つ海水魚。
 中津城二代目城主細川忠興が中津入城の際、今井浦より漁師達を中津に移住させ、鱧がさかんに食されるようになりました。
岬ガザミ
岬ガザミ
 豊後高田の香々地の沖合で獲れるワタリガニのことをいいます。緑褐色をした体は20センチ前後と大ぶりで、その大きな体には甘味がある身がぎっしりと詰まっています。一年を通じて獲れるものの、旬は9月から12月です。
豊後別府湾ちりめん
豊後別府湾ちりめん
 別府湾沿岸の杵築市、速見郡日出町、別府市で漁獲され、加工されるちりめんじゃこ。別府湾は、ちりめんじゃこの原材料となるシラス(カタクチイワシの稚 魚)が黒潮に乗って北上する通り道にあたり、好漁場として知られています。また、別府湾はプランクトンが豊富なため、そこで獲れるシラスは肥育がよく、大 きさもそろっており、これを原料とするちりめんじゃこは古くから高品質で知られています。
くにさき銀たち
くにさき銀たち
 大分県屈指の好漁場である伊予灘で水揚げされた太刀魚をくにさき銀たちという独自のブランドで売り出しています。1本1本丁寧に釣りあげられ、手際よく 水揚げされた「くにさき銀たち」は白身魚特有のさっぱりとした味わいで、刺身や塩焼き、天ぷらなど、様々な調理法で楽しめます。
くにさき姫だこ
くにさき姫だこ
 年間500t以上の漁獲量を誇るくにさき姫だこは太刀魚とともに国東を代表する魚介類の一つ。瀬戸内海の激しい潮流地帯でとれる天然のタコは、ぷりっとした歯ごたえで、噛むほどに旨みが口の中に広がります。
城下かれい
城下かれい
 日出城の下の海中に清水が湧くところがあり、そこで繁殖しています。江戸時代には将軍へ献上品とされていたほどの美味で、昔は武士階級しか食べることが出来ず珍重されました。5~7月頃が食べごろです。大分が全国に誇るブランド魚です。
姫島車えび
姫島車えび
 江戸時代に始まった塩田跡地を利用してはじめられた車えびの養殖。その名を姫島車えびとして全国に知られています。毎年10月下旬に姫島車えび祭が開催されています。
姫島かれい
姫島かれい
 姫島で採れる姫島かれいは周防灘の潮流と豊かな漁場が育んだ、まるまると活きが良い。お刺身、薄びき、煮付け、お吸い物に、姫島かれいは至上なる味の逸品です。毎年5月下旬には姫島かれい祭が開催されています。

「メン」

 別府冷麺、豊後高田そば、本耶馬渓地そばなど、その土地ならではの食文化があります。

別府冷麺
別府冷麺
 別府ではじめて冷麺店がオープンしたのは、昭和二十五年頃。中国東北部(旧満州)から引き揚げてきた料理人が開いたお店が始まりと言われています。朝鮮冷麺を和風にアレンジしたものが別府冷麺であると言われています。
 別府冷麺の麺は、太目で弾力のあるモチモチとした麺と、中細麺で喉越しの良いツルツルした麺の二系統に大別されます。前者は主に冷麺専門店で多く、後者は 焼肉店系のお店で多いです。共通しているのは和風ダシをベースにしたスープが多いこと。また、多くのお店では自家製麺を使用し、手打ちの生地を製麺機で押 し出す姿を目にする事ができます。
豊後高田そば
豊後高田そば
 大分県一のそば粉の産地である豊後高田市。豊後高田のそばは、春と秋の年2回栽培するという大きな特徴があります。栽培については、生産組合を組織し、 無農薬で行われており、生産から、加工、手打ちまでが同じ土地で行なわれるため、移動によるストレス(温度や湿度の変化)が極めて低いそばを食べることができます。また、安心しておいしいそばを食べていただくために、認定店制度を設けています。
本耶馬渓地そば
本耶馬渓地そば
 昔ながらの挽きぐるみの方法で粉にした本耶馬渓産のそば粉を使用したそば。本耶馬渓の水と空気、そして人のぬくもりが、おいしいそばを育んでいます。

「おすすめご当地グルメ」

そのほかにも温泉を利用した地獄蒸し料理、すっぽん料理、杵築ど~んと丼、きつきサンド等のご当地グルメも楽しむことができ、この地域はまさに食の宝庫と言えます。

地獄蒸し料理
地獄蒸し料理
 鉄輪温泉で江戸時代から用いられてきた調理法。高温の温泉の蒸気で一気に蒸し上げるため素材の旨みが凝縮されます。余分な油を落としてくれるので美味しくてヘルシーな料理法です。隠し味は温泉成分!
すっぽん
すっぽん
 高級料理として珍重される栄養満点のスッポン料理ですが宇佐市安心院町では「すっぽん定食」や「すっぽんうどん」などの料理、中津市耶馬溪町ではすっぽ んを使った雑炊「耶馬溪すっぽん美人」が低価格で手軽に堪能できます。栄養価も高く低脂肪でビタミンが豊富なうえ、コラーゲンも豊富に含まれている他、滋 養強壮としての効果や病後の体力回復、美容にも大変効果がある食材として女性にもとても人気が高いです。
味一ねぎ
味一ねぎ
 宇佐市など県北地域を産地とするブランド小ネギ。ねぎやきやねぎしゃぶなど、この味一ねぎを使ったオリジナルメニューが楽しめます。みずみずしくてシャキシャキとした歯ごたえで、甘みが強く、香りの高い小ネギ。
 ビタミンやミネラルを多く含み、香りも高く、美容にも効果大!
岬かきあげ丼
岬かきあげ丼
 地元豊前海で獲れた小エビ(ジャコエビ)を100%使った、かき揚げです。「岬かき揚げ丼認定店」に認定された店舗で食べることができます。注文を受けてから調理をするので揚げたてサクサクの食感をお楽しみください。
杵築ど~んと丼
杵築ど~んと丼
 食材は地元にこだわり、「杵築」を感じられるものとするなどのルール5ヶ条があります。代表的なうれしのはグルメ漫画「美味しんぼ」でも紹介された鯛茶 漬。杵築のお殿様が大好物だった創業300年の老舗が守り続けている伝統の味です。海の幸、山の幸に恵まれた杵築ならではのユニークな杵築自慢の丼です。
きつきサンド
きつきサンド
 杵築ど~んと丼と同じくルール5ヶ条があります。日本唯一のサンドイッチ型城下町にちなんだオリジナルサンドで、杵築市産の食材をたっぷり盛り込み、見た目も味も楽しませてくれる創作サンドです。

「地酒」

 「豊の国」という名のごとく、この地域は海、山と豊かな自然に恵まれており、名水も多いことから旨い酒作りに適しています。昔ながらの酒造りが今も行わ れており、六郷の山々に湧き出る名水や豊穣の地で育つおいしい米など豊かな土地で作られた良質の原料を使い、代々受け継がれる職人の技で丁寧に仕込んだ地 酒は、大分県を代表する酒として全国的にも高い評価を得ています。

このページの先頭へ