六郷満山開山1300年〜神仏習合の発祥の地 国東半島宇佐地域〜

お知らせ 2018.06.27 更新

「くにさきの鬼」をテーマにしたストーリー『鬼が仏になった里「くにさき」』が日本遺産に認定されました!

平成30年5月24日(木)、豊後高田市・国東市に根差した人と鬼とが長年の友のようにつながれる「くにさきの鬼」の稀有な文化をまとめたストーリー『鬼が仏になった里「くにさき」』が日本遺産に認定されました。
- 

-

-

「くにさき」では鬼は仏となってあらわれる ~ストーリー概要~

「くにさき」の寺には鬼がいる。一般に恐ろしいものの象徴である鬼だが、「くにさき」の鬼は人々に幸せを届けてくれる。

 おどろおどろしい岩峰の洞穴に棲む「鬼」は不思議な法力を持つとされ、鬼に憧れる僧侶達によって「仏(不動明王)」と重ねられていった。「くにさき」の岩峰につくられた寺院や岩屋を巡れば、様々な表情の鬼面や優しい不動明王と出会え、「くにさき」の鬼に祈る文化を体感できる。
 修正鬼会の晩、共に笑い、踊り、酒を酌み交わす――。「くにさき」では、人と鬼とが長年の友のように繋がれる。

 

大分県内では3件目の認定です。

今後は日本遺産の認定を活かして、観光振興・地域振興などに取り組んでいく予定!

『鬼が仏になった里「くにさき」』・・・目が離せません!!

日本遺産認定ストーリーの詳細はこちらへ・・・

http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_04210.html

-



関連リンク

  • 六郷満山開山1300年ガイドブックダウンロード
  • 宇佐国東半島を巡る会
  • 国東半島峯道ロングトレイル
  • 豊の国千年ロマン観光圏