ここから本文です。

日出焼 陶芸体験(手びねり陶芸)

歴史・文化, 作る
通年プラン
日出町

城下カレイをモチーフにした「日出焼 藤原窯」

日出町の特産品である「城下かれい」を取入れたデザインの「日出焼 藤原窯」。
小さなかれいを湯飲みやぐい呑みの底にあしらった作品は、城下かれいがお茶やお酒の中で泳ぐように見えて人気です。

日出焼の工房で、ろくろを使わずに陶芸作品を作る「てび練り」という方法で、抹茶碗、湯飲み、かれい型のお皿などを作ります。

紡ぎ人

日出焼 藤原窯

二代目 綾部 今朝利(けさり)さん

先代の近藤氏の立ち上げた藤原焼は、町の文化として、大分県の誇りとして全国に知られるようになりました。

先代の近藤氏に恥じぬよう、日出焼の継承存続に努めています。
 

ここがおすすめ!魅惑POINT

日出町名物「城下かれい」をモチーフにしたオリジナルの作品づくり

綾部先生による丁寧で楽しい指導のもとでの体験

初心者でも安心して楽しめます
開催日時 ①午前の部 10時~12時
②午後の部 13時~15時
※希望日の3日前までに要予約。時間の変更は可能です。
所要:約2時間
最少催行:1名
集合場所 日出焼 藤原窯(大分県速見郡日出町仁王山3532-5)

別府駅から車で約25分
日出駅より車で約3分
日出駅より徒歩約25分

料金 お1人2,000円
(抹茶碗、かれい皿、湯飲み2個のいずれか。団体の場合は抹茶碗のみ)
※当日現地払い

【作品のお受け取りについて】
焼きあがりまで約1か月かかります。工房までお越しいただくか、ご郵送いたします(送料は別途)
定員 20名(最少催行1名)
準備物 汚れても良い服装でご参加下さい
ご予約 豊の国千年ロマン観光圏
(TEL:0977-85-8511/E-mail:jikuhaku@millennium-roman.jp)
※3日前までに要予約
行程 集合(日出焼 藤原窯)
 ↓
陶芸体験
 ↓
解散

※作品は後日郵送。もしくは工房までお越しください。
備考 冷暖房が工房にはございません。夏場・冬場はご理解の上、ご予約をお願い致します。

参加された方の感想

夫婦2人で参加しました。妻は城下かれいのお皿を、私はペアの湯のみを作りました。
初めての陶芸体験でしたが、綾部先生に楽しく、わかりやすく教えていただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。作品が届いた時は感動しました!

綾部先生のおもしろいトークと、優しくも刺す時は刺す指導(笑)により綺麗に出来あがりました。
年明け到着と聞いていましたが年内にお送りいただきありがとうございます。

6歳の娘、両親と一緒に参加しました。茶碗、湯のみをそれぞれ作りましたが、不格好ながらに可愛らしい作品に仕上がって大満足です。
綾部先生にプチ弟子入り気分で、城下かれいのお皿づくりに女子2人で参加しました。
粘土の切り分け作業から始まり、完成まで約2時間。綾部先生との楽しい時間はあっという間.....でした♪焼き上がりが楽しみです。
(追記)希望の色で城下かれいの大皿をツートンカラーで仕上げてもらいました!!!
完成したお皿に大満足しております。ありがとうございました。

 
女子ひとりで参加しました!綾部さんは気さくな方で、はじめからフレンドリーに話しかけてくださいました。わからないところがあって作業が止まってしまっても、まわりの生徒さんがわざわざ手を止めて教えてくださいます。なごやかな雰囲気であっという間に過ぎた1時間30分でした。完成を楽しみにしています!!

一覧に戻る

このページの先頭へ